離職率を減らすために企業がするべき努力

離職率の低い企業へ

人手不足の世の中で

離職率を下げるためには、社員から感じる職場の雰囲気を良くする必要があります。 職場の居心地が良ければ、誰も進んで辞めようとは思わないでしょう。 辞めようと思うのは、自分のいる環境がしんどいからです。 どうすれば居心地の良い環境づくりができるのか、をお伝えします。

環境整備をしましょう

最近、実はメディアを騒がせている「人手不足」について深く考えたことはありますか。
企業にとって、人手不足は人口が減少している国家にとって深刻な問題です。
日本も勿論、その問題を抱えています。
少子高齢社会だ、と言われても、危機感を感じないほどの現状です。
新生児の数は右下がりです。
しかし、女は子供を産んで育てるのが当たり前、という時代ではなくなりました。
個人の意思が尊重され、結婚し子供を作り家庭を守る生き方は、選択肢の一つであり、絶対条件ではなくなったのです。
つまり、子供の数も増えにくくなってきました。
これからの世の中を担う若者が少なくなるので、企業としては困るところだと思います。
AIが人類に勝る時代がやってきても、人間にしかできないものはあります。
少なくなる一方の人間から良い人材を選び抜くのは、企業にとって非常に苦労し負担が多いと思います。

そんな中、企業が必死に選び抜いた人材が簡単に辞めてしまうのは、企業にとって大損失です。
何のために時間とお金と労力をかけたのか、という気持ちになってしまいますよね。
辞めたその人自身に問題があることも確かにあります。
しかし、何人もその企業から離れてしまうのであれば、企業自体に何か問題があるのかもしれません。
大勢入社してきても、少ししたら皆辞めていってしまう、という現状があるのなら、一度企業の実態を見直す機会ではないでしょうか。

離職率が高ければ、その後の入社人数にも影響が出てくる恐れがあります。
企業の安定した存続のために一度、離職率を減らす方法を考えてみませんか。

おすすめリンク

フィードバックをしましょう

一生懸命働いても、周りの人からどのように見られているのかよくわからない、という悩みを持つ人は多いと思います。 どんなに努力しても実績が上がらなければ、焦りは募る一方でしょう。 焦って息苦しくなると、その環境から逃げ出したくなるかもしれません。 それを防ぐのに効果的なのが「フィードバック」なのです。

幸福度を上げましょう

最近、あらゆる分野で「幸福度」という言葉を耳にする機会が多いと思います。 社員の幸福度は、そのまま社員の定着率にも繋がります。 この場所は幸福を感じられる、と思えばやる気も起こります。 どうすれば、企業で幸福度を上げることができるのかをお教えします。