離職率の低い企業へ

人手不足の世の中で

甘いもので一息

皆さんは、お菓子やスイーツなど、甘いものは好きですか。
糖分の摂取過多は身体によくありませんが、適度に食べるのは精神的に非常に良いことなのです。

人間は、糖分を摂取した後に作業に取り掛かると効率が上がることが実験で証明されています。
また、甘いものを口にすると、ストレスが軽減します。
ホッと一息つけますよね。

この効果を会社にも取り入れてはいかがでしょうか。
職場に甘いものがあるのは、悪いことではありません。
少しのチョコレート、小さなキャンディで仕事の効率が上がり、気持ちよく仕事をこなせて離職率を減らせるのです。
お菓子をほんの少しつまむことを了承する環境にしてみてはいかがでしょうか。
しかしお菓子で社内がだらけた雰囲気にならないか心配だ、と思われる方もいらっしゃると思います。
その場合は、お菓子で一息つけるコーナーをつくるのも良いですね。

ウェルネスプログラムの導入を

「運動」も離職率を減らし、定職率が上がります。
たかが運動か、と思われるかもしれません。
しかし、運動も社内環境を良くすることに繋がるのです。

健康であればあるほど、人の幸福感が強くなります。
当たり前ですが、健康でバリバリ働けるなら出勤率も良くなりますよね。
身体が健康だと、心も健康でいられます。
心と身体は繋がっているのです。
つまり、健康なら仕事を前向きにする傾向があります。
前向きに仕事をこなしているなら、企業への不満で辞めることもないでしょう。

会社全体で、ヨガや軽いマラソンを行うようなプログラムを立ち上げてみると、社内の雰囲気も良くなるでしょう。
激しい運動は逆に心身を疲れさせてしまいますので、軽く動いて身体も心もほぐせるものが一番ですね。